社会福祉法人 鉄道身障者福祉協会

TOP
最新号目次

協会概要
事業内容・運営・組織

あゆみ

出版物紹介
注文方法

バックナンバー紹介

懸賞作品募集
前回懸賞課題
前回入選作品

お役立ち情報
(H26.3.24更新)

会員専用ページ


リハビリテーション

 昭和25年4月に身体障害者福祉法が施行され身体障害者に対する福祉的施策が緒につき始めましたが、その頃、身体障害者についての専門誌などほとんど無い状況であったことから、身体障害者を啓発し、彼らに対する社会の認識を求めてゆこうと昭和28年6月に雑誌「リハビリテーション」第1号を発刊しました。

 以後半世紀を経てまいりましたが、現在は共生社会の実現に向かって少しでも役立とうと、特集を組んで、できるだけ多くの障害者の方々に登場願って、障害者の抱えている問題、意見、要望等を述べていただき、それを支える支援団体からは支援の状況、意見、展望等を、更に行政等からは支援の現状と将来展望という観点から、各テーマごとに発言していただき、少しでも問題を解決しながら、将来の展望を開く手伝いをしてまいりたい と思っております。

最新号の目次


リハビリテーション 2016年7月号(NO.585)

〔無限〕
〔ときの動き〕
 増税延期は本当に望ましいことなのか‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐山口   聡
〔ずいそう〕
 あるデイサービスを訪ねて‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐平野  雄司
 コーリング‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐龍尾  和幸
〔ラン鉄★ガジンのチカラ旅〕(44)
 最古の参道 いいぜ
 最強の求心力 伊勢‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐大野  雅人

〔特集〕私のしょうがい〜暮らしとともに(3)〜
 「普通のフリ」からの解放 ―当事者研究で「ホーム」を広げる―‐‐‐綾屋  沙月
 私、74歳に入りました‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐山口 美年子
 伝えていくこと ―障害も人それぞれ―‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐渡部   規子
 自分らしくありたい‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐柿本   聡
 障碍は特別でない‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐猿渡  達明

〔連載企画「しょうがい…ちょっと○○な話」〕(32)
 オーケストラ、最高!‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐外岡  章子
〔連載企画「在宅(地域)医療の現場より」〕(34)
 本土から離島へ、リハビリへの思いを乗せて―‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐柳川   進
〔寄稿・語り継ぐ戦後70年〕
 戦争体験と私の人生(4) ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐小坂  一郎
〔図書紹介〕
 ぼくの命は言葉とともにある‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐野沢  和弘
〔蟹の足音〕(233)
 卆寿の蟹一匹‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐花田  春兆
〔川柳〕(183) ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐上鈴木 春枝
〔マンガ〕ひだまり日和‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐睦    月

 表紙絵・本文欄カット=海野 次郎
 無限欄カット=Nakazato.yoshie
 広告欄カット=郡司 強三

<ずいそう作品応募に関するお知らせ>
みなさまから「ずいそう」欄の原稿を募集しております。
以下にその募集内容を掲載します。

1.原稿は郵送またはE−Mailで受付いたします。
2.E−Mailでの応募の場合、使用するソフトは「Word」「一太郎」でお願いします。
3.用紙形式は、原稿用紙と同じ設定でお願いします。
             (A4 横、20文字×20行、縦書き)
4.原稿保存名は「都道府県 氏名」でお願いします。(例:東京都 福祉太郎)
5.メールの件名は、「ずいそう応募係り」でお願いします。
6.メッセージ欄に、原稿タイトル(題名)・郵便番号・住所・氏名(ふりがな付き)
  性別・職業・年齢・電話番号・障害のある方は障害状況をご記入ください。
7.挿入 → 添付ファイル → 執筆された原稿 の手順で、原稿を添付してください。
8.郵送の場合は、当協会宛「ずいそう応募係り」までお送り下さい。
  お送りする際は、6の項目を別紙に記載し同封してください。
9.掲載文字数は2000文字(原稿用紙5枚程度)。ずいそう風に自由なテーマでお書きください。